<お庭つくり~ツルバラ用枕木支柱設置工事~>

 

 道路からの目隠しも兼ねて枕木の支柱をタテ使いに設置し、バラの塀となった北区のY様邸。

既存の花壇縁石(民地石)も建物に合わせて落ち着いた色味のアンティークレンガで化粧し、

同じレンガで小道も作りました。

*施工前*

ご実家から移植されたツルバラが勢いよく育ち、既存のアーチに納まらず。。

ご夫婦で剪定など頑張っておられましたが、

管理しやすいように支柱し直しすることに。

 (基本デザイン わたぼうしさんより依頼)

 

 

 

 

*施工後*

ランブラー系(大型になる品種)のバラをのびのび

育てるため、枕木の支柱を設置し誘引しました。

 正面の花壇にも枕木支柱を立てて、背景になるよう

に致しました。

 

 



<お庭つくり~植栽工事の施工例~>

以前は芝生でしたが水はけが悪く、そのままになっていた北区のI様邸。

日当たりも良く除草も大変そうでした。

立地条件も生かし、宿根草メインで植栽することになりました。


*植栽工事施工前のお庭*

 以前は芝生だったようですが、水はけが悪いとの

ことでそのままになっておりました。

 

*植栽工事施工後のお庭*

 土壌改良を行い、花の庭にリニューアル。

管理用の小道はウッドチップ敷き詰めました。


 

●工事金額の目安

・概算見積りまでは無料です。

・ご予算とイメージに合わせてご提案いたします。

(現地測量、プラン図作成は別途かかります)

 

 


<お庭の管理~除草~>

*除草前のお庭*(手稲区 I邸)

雑草の中でもやっかいなスギナ。

植えてある草花が雑草に埋もれしまい

成長を妨げていました。

 

*除草後のお庭*

手除草により根気よく除草。



*除草前のお庭*(中央区 K邸)

一面イネ科の雑草がびっしりと・・。

*除草後のお庭*

手除草でスッキリとなりました。


●除草の頻度について

一般的な広さのお庭の場合、最低でも春、夏、秋と年に3~4回くらいは行いたいところです。

ただ、あまり神経質に除草の回数を増やすと土も減り、乾燥しやすくなりますので

時々腐葉土などすきこむようにすると良いでしょう。

 

●除草金額の目安

・一般的な広さの庭・・・一日作業員一人 手除草の場合12000円より~(草ごみ処分費別途かかります)

・20km超える場合は別途かかります。

・機械除草、除草剤散布は別途になります。